お問い合わせはこちらへ
086-261-2227

加齢黄斑変性症とは?

眼底の網膜の中心部を黄斑部といいます。黄斑部は視細胞が多く集まっており、ものを見るために最も重要な部位です。ここにもろい血管が新しく発生し(新生血管)、出血やむくみをおこすことで黄斑部の機能が障害される病気です。

加齢黄斑変性症の症状

視界が歪んで見える、視界の中央が暗くなる、又は見えない、色が違って見えるなどの症状があります。この症状がでたらすぐ眼科に行きましょう。

加齢黄斑変性症の治療

眼底の新生血管の発生を阻害する薬を硝子体内に注射します。もう一つの方法としては光線力学療法があります。ビスダインという光感受性物質を点滴し、特殊なレーザーを病変に照射する治療法です。

加齢黄斑変性症の予防

たばこを吸う人は加齢黄斑変性になる危険性が非常に高いことが分かっています。喫煙は癌だけではなく失明にもつながるため禁煙することが大事です。ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、亜鉛、ルテインなどを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。緑黄色野菜や魚中心の食生活を行うことも効果的です。