お問い合わせはこちらへ
086-261-2227

白内障とは?

何らかの原因で水晶体のたんぱく質が変性して濁ってくることで視力が低下する病気です。60歳代では70%の人が、70歳代ではほぼ100%の人が発症します。

白内障の症状

目がかすんでものがぼやけて見える、まぶしく感じる、暗いところで見えにくい、左右の目で明るさが違って見えるなどの症状があります。

白内障の治療

薬物療法や濁った水晶体を取り除いて、代わりに人工レンズを入れる手術を行います。眼内レンズが登場してから手術後の見え方もかなり自然に近いものになりました。さらに手術方法や手術器機が進歩し、日帰り手術が主流になっています。手術時期はその人の生活条件によって異なりますが、生活に不便を感じ始めたら手術を受けた方が良いでしょう。あまり進行してから手術を受けるのは眼内レンズが入らない場合や、合併症が起こる確率が上がり危険です。ちょうどいい時期に手術を受けましょう。